エントリー

カテゴリー「小説」の検索結果は以下のとおりです。

小説『Endless story』幕間3

 #3-5(NGシーン)

続きを読む

終わりなき破壊 ~RE/START~ 1-5


あの時に助けてくれたアークス。もう1度会えると思うと嬉しくなる。
彼女に助けてもらわなかったら、今の自分はいなかっただろう。
そして、会ったらこう言うんだ。

貴女に憧れて、俺もアークスになりました。って。



しかし、現実は厳しい。

「どこだ・・・ここは?」

勢いで走ったはいいが、見失うし道に迷うしで途方に暮れていた。
そのうち誰かに会うだろうと期待し歩き出した。

しかし、現実はさらに厳しかった。
広く開けた場所に出た時、岩や草を身に纏ったかのような巨人が俺を押しつぶすかのように落ちてきた。
間一髪直撃は免れたが、落下の衝撃で軽く吹き飛ばされた。
すぐさま体勢を立て直し、ソードを後ろに構えながら走り、身体の回転を利用し横に切りつけた。
しかし、傷をつけることなくはじき返されるが、フォトンを刀身に集めすぐさま地を蹴り上空へ跳び、回転切りからの切り落としで少し手応えを感じた。
もう1度攻撃を加えようとしたところで、巨人の右拳が高く振り上げられた。
左、右と振り下ろされる拳をかわしたが、2回目の会費で木の根っこに引っかかり、しりもちをついた。
慌てて見上げると、すでに拳を振り下ろし始め直撃を覚悟した。

「届いて!! ギ・フォイエ!!」

声がした瞬間、巨人の頭に爆発が起こり後ろに倒れた。
テクニック系だからアムさんかと思ったが、声が違ううえにどこか懐かしい感じがした。

「大丈夫。後は任せて」

そう言って、回し蹴りからの踵落としの一撃で巨人が完全に消滅した。
その姿を見て確信した。また、あの人に助けられたのだと。


辺りに敵がいないことを確認すると、少女は力を抜くかのように軽く息を吐いた。

「とりあえず、あなたの仲間に連絡したから時期に合流できる」

「すみません。気を利かせまして」

「別に・・・頼まれただけだから」

目つきは鋭いが、低身長なうえに端正な顔立ちで可愛く思える見た目は、最初に助けてもらったあの日と変わらなかった。

「あ、あの。覚えているかな。市街地でダーカーに襲われていたのを助けてくれたこと」

「・・・えぇ」

「俺、あの時の貴女を見て思ったんです」

「・・・なに?」

「貴女みたいに、誰かを護れるアークスになれたらっ」

瞬間、何をされたかはわからなかったが、地面に倒され喉元近くに小柄な武器を突き付けられた。

「自分の身を護れない奴が、誰かを護れるアークスになるだと。ふざけるのも大概にしろ!!」

その言葉にショックを隠せなかった。憧れだった人に言われたのだから尚更だ。

「確かに俺は弱い。さっきの戦闘で死んでいただろうしな。でもな・・・俺は、貴女に憧れてアークスになったんだ!! 貴女のようなアークスになりたくてな!!」

それでも俺は、否定するかのように言い返した。ちっぽけな心を保つために。

「・・・」

しばらく、少女の沈黙が続いたが

「これが最後の助け。これから先、依頼だろうと私情だろうと助けることはない」

そして踵を返し歩き出した。



********
(物語の休憩室)
ルーシア「名前が出てない・・・」
カムラ「そりゃ、ほぼ初対面の相手にいきなり名前で呼ぶかよ」
ルーシア「は?あんたに言ってないし」
カムラ「・・・はいはい」
ルーシア「てか、この作品にはサブタイトルないのな」
カムラ「そうだな」
ルーシア「だから、あんたには言ってない!!」


アムドゥウス「・・・あれがツンデレなのね。カムラちゃんは渡せません」
アルムアルクス「・・・サブタイトルどうしよう」

私のトモダチ達 2章 子羊を導く者 6

「麻衣ちゃん…緊張しているの?」


「平気だって…」


フォトンの体を持つダークファルス…。正確には負のフォトンというべきだろう。彼女を信じ、彼女の指示する道を歩んできた。何故なら今回の相手は…。


「分かっているんでしょ?相手が」「うん…でも私は彼女に槍を振ることが出来るはず…」「麻衣ちゃんなら出来るわ…」


東京の汚染地域。あちこちが汚染され、強いダーカー因子が辺りを覆っている。あまりに強過ぎるダーカー因子は電気を浴びたような痛みを与えていた。


「フナさん、ダーカー反応はこの奥です」


ナナの無線を聞きながら奥へと進む。ふと横の路地を見るとダガンの群れが何かを漁っていた。そして彼らには見たことのない侵食核が付いていた。


「ナナ、あれは…?」「私も始めて見ました…」そのダガンには白い花のような侵食核が付いていた。


「東京に現れたダークファルスはダーカーを食らう力を持つらしいですが…その食われたダーカーだとか?」「双子のように吐き出したってことね」「予想ですけどね…」


ダガンのいる路地を後にして先に進む。


赤い月が荒廃した街を照らし、辺りを舞うダーカー因子も薄っすらと照らしていた。ダーカー因子はあまりにも濃いと雪のように小さく、赤いものが降ることがある。勿論その正体はダーカー因子。長時間浴びていると体に悪影響が起きることもある危険な物質だ。


「あまり中居したくない…」


周りの景色を見ながら歩くと開けた場所に出た。周りをビルに囲まれて、その中に公園が見える。そしてその中に人影が見える。


月明かりに照らされて見えたのは白髪の少女に水色の髪ハルの言うとおりだ。


「フナさん?」


白髪の少女の声で一瞬体が凍ったかのように固まる。


「麻衣なの?」事実については理解している。でも心のどこかで…まだ彼女を信じている。


「なんで…?敵なの?麻衣は」「私は決めたんだ…レイちゃんと新しい世界を作ろうって…フナさんも知ってるんでしょ?私の夢を…?」「…私じゃダメなの?」「レイちゃんから聞き聞いたの…あなた達アークスが私に何をしてきたか…」


「レイ!お願い!」麻衣が手を空高く上げる。水色の髪の少女が強い光を放ちながら槍に変わる。麻衣の武器になった彼女は青いフォトンを放ち、赤い東京を淡く照らしていた。「レイパルチザン…これが…私の武器なの」


「戦うしかないのね」銃を構え、麻衣へ狙いを定める。銃を持つ私の手は震えていた…。


 


かなコメント


戦道始まりましたねー


皆さん行ってます?


未だにコレクト埋まってないなんて言えない…


つまらなかったですねはい!


でわでわー!


ゆるゆる劇場


レイ「私は武器になれるのよ?」


麻衣「便利ね!背中痒い時に使える?」


レイ「まあね…」


麻衣「物取る時に使える?」


レイ「う…うん」


麻衣「じゃあ!釣りには!?槍の先端に餌付けて!


レイ「もう使わせないから!!」

小説『Endless story』#3-5

 #3-5【揺れる願いも、想いも、君と歩く路と為ります様に

続きを読む

私のトモダチ達 2章 子羊を導く者 5

「おつかれ!フナさん!」「うん、お疲れ様」アポス・ドリアスは討伐した。でも肝心のルーサーは姿を現していなかった。頭に浮かんだのはオペレーターへの連絡だ。周りの様子を監視しているオペレーターならルーサーが来たかを見ていたかもしれない。


無線を入れて数秒後ナナが無線に出た。「フナさん、何かありました?」「ルーサーが現れたか見ていないかな?」「いえ…現れたダーカーはブリュー・リンガーダ、アポス・ドリアスの二体だけですね」「やはりルーサーにはお見通しだったか…」「それより!2人で出撃なんて随分無理をしますね!」感情的になったナナはほぼ怒っている。「ごめんね…ナナ」「…それよりルーサーは勝手に現れますよ」「深遠なる闇か…現れそうなの?」「ええ…アークスへの襲撃に備えてマザーシップから姿を消したんだと思いますよ」それならマザーシップのダーカーが少ないのにも納得がいく。彼らは監視役なのだろう。「この前の襲撃はこちらの下見ですかね?多分今回は激しい戦いになるかと」「ありがとうね、ナナ」「あ、あと東京の探索任務があるらしいですよ?」「誰から?」「情報部のハルさんからです」「カスラは?」「このダークファルスの件は元々カスラさんが調査を行なっていましたがカスラさんがハルさんへ委託したらしいですよ」「ハルはダーカー調査の方のリーダーだったね」「ええ…だからハルさんが代わりに調査しているのでしょう」「ハルとは会える?」「ええ…フナさんに任務について説明したいとおっしゃっていました」「すぐに行くよ」


数分後


ハルの部屋のドアを軽くノックする。「フナです」「入っていいよ」ドアを開け、中に入る。「元気だったかな?フナ」「まあまあですね…話というのは?」「ハッハッいきなり本題か」ハルとも長い付き合いになる。彼と友達のような会話が出来るのは私くらいだ。「ナナからどれくらい話を聞いた?」「場所が東京ということくらいです」「まず任務についてから話すかな…任務は新たなダークファルスの調査だ。東京で暴れまわるダークファルスの話を聞いたことはないかな?」「いえ…任務に出ていたので」「ルーサーの探索だったね…先日のダークファルスの襲撃の後に東京で巨大なダーカー反応が現れたんだ」「なるほど」胸騒ぎがした。もしかしたら…。「心当たりはあるのかな?」「いいえ…」麻衣かもしれない…そんな気がした。あまりにも偶然が重なり過ぎている…。「そのダークファルスは白髪で黒い服を着ていたらしい」「目撃した人がいるの?」「ああ…シェルネというアークスだ。情報は以上だ」「そういえば深遠なる闇の復活が近いって?」「ああ…今までと同じ…我々アークスが奴の力を削り、仮面が封印する…。ただ力が今までより強い…双子もだ」「一筋縄では行かないか…」「まあそういうことだ」「探索任務…頑張りますね」「期待しているよ…フナ」


その話を…こっそり聞いている少女がいた。「…フナさんに出来るはずがないでしょ?麻衣を殺すなんて…」私の前のドアが開く。そのドアからはフナさんが出ていく。彼女の後ろ姿を私は開きっぱなしのドアの後ろから眺めていた。「ダークファルスは私が殺す…見ていてよ?フナさん…」拳を強く握り、こっそりと彼女の後を付いていった。


 東京に響き渡るダーカーを切り裂く音。その後にダーカーが倒れる音。お腹が空いた私はダーカーへと喰らいつく。「お味はどう?麻衣ちゃん」「美味しいよ…レイちゃん」「麻衣ちゃんのお腹には沢山のダーカーがいるのよ」「でも使い捨て…永遠には使役出来ない…それが私の能力でしょ?」「麻衣ちゃん…そろそろ深遠なる闇が降臨するのよ」「ダークファルスの長でしょ?フナさんと見た目が同じダークファルスが…」「でもあれには欠陥があるのよ?」「徒花なんでしょ?永遠に花を咲かせられない」ダーカーを食べ終え、立ち上がる。レイが私の前に立つ。水色のロング、そして先端だけ紫色に染まっている。彼女もまたダークファルスだ。「私たちでやり遂げるの…深遠なる闇を開花させて…全宇宙を新世界へ変えてみせる…」「うん…レイちゃん…」


 


かなコメント!


なんだかんだで何ヶ月も続いてますね…それより誰か見ていてくれるかどうか気になるなー。


実は筆者は戦闘パートか会話パートどちらが得意か聞かれると会話パートが苦手なんですね…。はーい!どうでもいい話でしたね。


でわでわー


 

私のトモダチ達 2章 子羊を導く者 4

アポス・ドリアスが威嚇する。彼は強力な属性攻撃に加え、範囲の広い物理攻撃を合わせ持つ強力なダーカーだ。


「気を抜かないでね?」「言われなくても!」アポスが体を後ろに引く。その後爪を構え、体を前に倒しながら突進する。爪の一撃を躱し、胸にウィークバレットを撃ち込む。


私の一撃に続き、リアが一撃を加える。自分の周りに光の剣を作り出し、それを回転させる。胸に剣が刺さり、胸に傷が付く。次の瞬間アポスが姿を消す。赤黒い光と共にフィールドの真ん中へ移動する。


フィールドの4隅に4つの柱を出現させ、自身の周りにバリアを展開する。「攻撃しても無駄!柱を狙って!」「はい!フナさん」柱一本に狙いを定め、フォトンの塊を撃ち出す。「エンドアトラクト!」柱の一つを撃ち抜き、破壊する。「グランツ!」続いてリアの放った光の槍は柱を貫いた。「っ!避けて!リア!」残り2つの破壊が間に合わず、柱が次々と爆発していく。


とてつもない範囲の爆発。このままでは巻き込まれてしまう。「リア!フォトンブラストを!」「はい!」2人を爆発が巻き込む。激しい爆発の後、彼女と共に現れたのは幻獣達。2体の魚型の幻獣。ケートス・プロイと呼ばれるフォトンブラストだ。そんな彼女達にアポスは更なる追撃を加える。


体を駒のように回転させ、腕を地面に打ちつける。その後に数本の黒い雷が地面を走る。アポスの頭に狙いを定め、PAを放った。「サテライトカノン!」アポスの頭上を白いレーザーが撃ち抜く。怯んだアポスにすかさず追撃を加えるリア。「バーランツィオン!」光と氷の複合テクニック。氷と光の混じり合う魔法の剣は一瞬でアポスに傷を付け、無防備のまま斬られている。そして…最終段の叩きつけでアポスは倒れた。空中から地面へと落下し、辺りに大きい音を響かせた。


 


かなコメント!


アポスさんってbgmがなかなかいいですよね?


これ書きながら聞いてました!


炎、雷、氷と3パートありますが自分は雷が好きですねー


実はこの3〜4パートは元々ルーサー戦にする予定でした。


でも早いなと思い、代わりのダーカーを考えたとこアポスさんになりました! アポスさんゲームでは親玉のルーサーより強いとか言われちゃってますけどね…。


でわでわー

私のトモダチ達 2章 子羊を導く者 3

マザーシップの最深部。ルーサーの支配領域に2人のアークスが足を踏み入れた。時間の流れ、景色がマザーシップと比べると急激に変化している。フォトナーの意識が飛び交う中、茶色の空間を照らしていたのは遥か上に見える光だ。それはまるで海の中から上を見上げるような光景だ。そしてその中を巨大な鎖が浮かんでいる。「何よこれ…」リアはこの光景を目を丸くしながら眺めている。「ルーサーの支配している空間だよ」「ルーサーって…こんなことしちゃうのかな?」「ルーサーはかなりの実力者だからね…」でもルーサーはまだ姿を見せてはいない。「フナさん」「ナナ、準備は出来た?」「はい、アークスはマザーシップ内に待機させています。アークスシップ襲撃の件もあってあまり人数はいませんが…」「ルーサーがそっちに行ったら追撃をお願いね」「はい…ルーサーはもうすぐ現れるはずです」ファルス・アンゲルことルーサーは様々な惑星に姿を現し、惑星、原生種を侵食している。そしてしばらくするとマザーシップに戻ってくる。私はマザーシップに戻る所を待ち伏せしているというわけだ。一瞬、空間が歪んだ。そしてその後周りが一瞬だけ黒く染まる。体がピリピリし、空気が重い。「ダーカーが来る!」その金色の体はルーサーの特徴の一つである。だから一瞬、ルーサーと見間違えてしまう。ファルス・アンゲルと違う点はアンゲルより大きい体、1つではなく3つある頭、黒いマント、そして長い尻尾。彼もまたルーサーの眷族だ。「アポス・ドリオス」「何よこいつ!ルーサーじゃないの!?」「リア、アポスもかなりの強敵だからね」「分かってる!」


 


「アークスもバカだと思わないかな?レイ?」「…まあね、でもアークスには強い人もいる」「6芒にフナとかかな?」「ええ…フナは深遠なる闇を何回も退けている」「まぁ僕達の目的は新たな深遠なる闇の作成なんだろう?」「ええ…2体の深遠なる闇にはさすがに勝てないと思っているの」「麻衣を使うつもりだね?」ルーサーが口元を歪ませ、ニヤリと笑みを作る。「ええ…最悪、私や他のダークファルスを喰わせるかな?」「ふむ…」


「もう…アークスもダーカーも居ないの?」仕留めたダーカーを食べた後そう口にした。座り込んでいた体を起こし、空を見上げる。やはり空は真っ赤でいつもと変わらない。ため息を吐き、歩きだす。そんな私の前に赤いダーカーが立ち塞がる。ダーク・ラグネの希少種、ダーク・アグラニだ。「ごめんねダーカーさん、私はお腹が空いてるの…」そんな彼女の戦いを見届けているアークスがいた。


 


かなコメント!


今日はガルグリNT1 の追加ですねー!本当に楽しみ!


去年は戦道をshでやってましたね…懐かしいなぁ…


退団について


退団してもこの小説を続けていくつもりです。


もし野良で見かけたらその時はよろしくお願いします!


でわでわー!


 


ゆるゆる劇場


麻衣「アークスしりとりしましょー」


リア「誰から?」


麻衣「私からっ♪ルーサー!」


リア「サテライトエイム」


麻衣「エラー落ち」


リア「チェイン!あ…」


麻衣「下手くそ!次回、罰ゲームね!」


リア「そんな〜」


麻衣「出荷よ〜」

小説『Endless story』#3-4

 #3-4【ナーシャ・スフィアロット

続きを読む

私のトモダチ達 2章 子羊を導く者 2

水色でどこか神秘的な床。そしてダーカーとアークス。共に何もせずに互いを睨み合っているだけだ。辺りに流れる異様な空気はアークスの心を乱し、焦らせていた。


「フナさん?敵は動かないよ?」「絶対に油断しちゃいけないからね」油断してはいけない理由。それは…。その瞬間、リンガーダの手が翼へと納刀された刀へ伸びた。見に見えない速さで刀は抜刀と納刀を繰り返した。その動作を終えた後に目に残ったのは斬撃だけだ。その斬撃は私の真横を切り払っていた。その直後、リンガーダが首にかけた二つのリングを飛ばす。リングはかなり速く、リアの前と後ろへ素早く移動した。「リア!注意して!」二つのリングから黒い衝撃波が放たれる。しかし衝撃波を放った先にリアはいなかった。そして二つのリングはリアの直線上に並んでいた。「ラ・グランツ!」リアの握るロッドから槍の形をした光が放たれる。その光は二つのリングを貫き、ヒビを入れた。リンガーダが咆哮する。その叫びと共にリングがリンガーダの元へと移動した。リングが首に戻る寸前、乾いた発砲音を響かせた後にリングは二つとも割れた。リンガーダが地面に体を下ろし、リングの修復を開始する。しかし今は胸のカバーが開き、弱点が向き出しになる。「リア!行くよ!」「うん!」赤いコアにウィークバレットを撃ち、静かに銃を構える。リアもロッドを構えながらその体をフォトンで輝かせていた。最初に私がPAを放つ。最初に聞こえるのは発砲音、音が聞こえた後はその弾が敵を貫いている。赤いコアから胴体へ。青いフォトンの塊はリンガーダの体を貫く。その後にリアが攻撃を続ける。リアは片手に氷、もう片手に光の玉を作成する。それが混ざった時、リアは両手に光り輝く氷の剣を持っていた。その剣でリンガーダに斬りかかる。一撃毎に血が飛び、赤い血が辺りを彩る。その中踊るように氷の剣を振るうリアはいつもの振る舞いからは想像出来ないような様子だ。その舞はとうとう終盤を迎え、最後に二つの剣を縦に振る。舞を終えた後、氷の剣は砕け散った。舞が終わるとリンガーダが叫び声をあげ、その後崩れ落ちた。


でもリアは地面に座り込む。複合テクニックは体への負担が大きいから仕方のないことだ。「リア?大丈夫?」「ごめん…ちょっと無理した」まだ冷たいリアの手を握り、体を起こした。「はぁ…倒したのよね?」「うん…複合テクニックはあまり使わないで!って言ってるに…」リアは納得がいかないのか不満げな顔だ。「体への負担が大きいからでしょ?」「そりゃレスタすら使えない子だもん」「うっ…」視線を私からすっと逸らされた。その後は聞き取れないような小さな声で何かぶつぶつと言い始めた。「何?」「もー早く行きましょ!」「うん…」砕けた氷と光の粒が辺りを舞う中、二人はマザーシップの奥へと足を進めた。


 


かなコメント!


ちょっと投稿が遅れちゃいました。


メンテ明けてるじゃん!!


4時くらいから書いてこんな感じになりました。


かなりどうでもいい雑談ですが学生の方は明日から学校が始まるという方もいるのでは? えっ?私はいつからだって?勿論明日からだよ!


でわでわー!


ゆるゆる劇場


麻衣「リアはレスタ使えないの?」


リア「うっ…うるさいわよ!」


筆者「地雷乙」


リア「ゲームでは使うわ!うん!使うわよ?」


麻衣「リアが使わなくても他の人が使ってくれるよ!リアはメイト飲めばいいのよ?」


リア「麻衣がうざい!!」

小説『Endless story』#3-3

 #3-3【不動のベストワンに君臨しているオールドファッション

続きを読む

終わりなき破壊 ~RE/START~ 1-3

*******

市街地でルーシアと名乗る少女と夜食をとっていた。
彼女のおかげでダーカーからの危機を救われ、輸送ヘリまで手配してもらった。
だけど・・・

「あの、助けてもらいありがとうございました」

「・・・」

「俺・・・ダーカーの襲撃を見るの初めてだったもので」

「・・・」

「・・・」

戦闘が終わってからずっと黙ったままで、気まずい雰囲気が漂っている。
パチパチと火花が飛び散る音だけが響く中、輸送ヘリが早く来ないかと空を見上げた。

「・・・あなたは・・・」

「えっ?」

不意に話し出したが、よく聞き取れず聞き返した。

「・・・あなたはアークスじゃないから助けただけ。アークスだったら放置してた」

その話を詳しく聞こうとしたところで、無線通知音が鳴りだした。
ほんの数秒応対しただけで通信を終え、数秒で輸送ヘリが来ることを告げ立ち上がった。
そして、「自分すらも守れない無能なアークスなんて・・・消えればいい」と言い、路地裏の闇の中に消えた。


*******


ふと目が覚めると、アークス御用達の船[キャンプシップ]の中にいた。

「あっ、アル~。カムラちゃん目覚めたよ~」

そして、なぜかアムドゥウスさんに膝枕されていた。
俺は、反射的に飛び起き、距離をとって身構えた。

「ようやくお目覚めですか。私たちのリーダーが危害を加え申し訳ありません。それに・・・アムさん。カムラさんを襲おうとするのはやめなさい」

頬を膨らましてるアムドゥウスさんはおいといても、状況が理解できない。リーダー?危害?

「あっ・・・すぐに気絶したから覚えていないのね。・・・後で報告を・・」

アルムアルクスさんがなにやら言っているが、よくわからないからアムドゥウスさんに聞くと、「森林で訓練だよ♪」としか言わなかった。


________
(物語の休憩室)
アムドゥウス「カ~ムラちゃん♪ 私の膝枕どうだった?」
カムラ「・・・別に」
アムドゥウス「ひっどーい!! そういえば、更新されるの遅かったね」
アルムアルクス「構成を迷っていたみたいですよ。リーダーを先に出すべきか後から出すべきかで」
カムラ「リーダーっていや・・・なにか見てはいけな『ヒールスタップ!!』ぐふっ・・・」
アムドゥウス「カムラちゃ~ん!?」

私のトモダチ達 2章 子羊を導く者

旧マザーシップ…


数年前に起きた事件により、侵食されたマザーシップだ。神聖なマザーシップとは違い、あちこちが侵食されていて、そこにいるだけで体が痺れるような感覚を味わう。それだけダーカー粒子が濃く、危険な場所ということだ。「フナさん、敗者はここに?」「うん…マザーシップの奥深く、全く動いていないらしいよ」「…いよいよか…あの日から敗者の事を忘れた日はないよ」「お母さんの仇でしょ?ここに来た理由は」「うん…」「私からのお願い…絶対に感情的にはならないでね…」「分かってる…」


 


その頃アークスシップでは…


「東京でアークスが失踪ですか?」「ああ…東京ではダーカーがうじゃうじゃいるからそいつらやられたんだと思うが…」「オペレーターは?」「それが…通信が途中で途切れたとか…」「…ならアークスを疑うべきだ、あるいは拉致とかだな」「拉致ですか…」「まぁ調査隊ならすでに送らせている。事態が悪化しそうならフナを向かわせてくれ」「はい…」やっぱり…胸騒ぎがする。麻衣の失踪、アークスの失踪…時期が合い過ぎている…やっぱり麻衣はダークファルスでアークスの敵?「どうした?ナナ」「いえ…なんでもありません…失礼します…」


 


「フナさん…かなり移動しているけどダーカー1匹すら現れないよ?」ダーカー粒子は濃い。いつどこからダーカーが現れてもおかしくないのに…ダーカー反応はない。出てくるなら奴のダーカーだね…」「敗者のダーカーって有翼だよね?」「そうだけど…」「ちょっと勉強不足だったかも…」リアに会話を聞いている最中、耳鳴りがする。電子音のような…。「ダーカー反応がある…」「え?」ダーカーはすぐに現れた。黄金の馬、第一印象はそれだった。首に二つのリングを巻きつけ、4本あるその腕の中2つは槍を持ち、残りは胸の辺りで腕を組んでいる。ブリュー・リンガーダ、それが彼の名前だ。


続く…


かなコメント!


いよいよ2章です!


自分でも意外と進められてるなと思っています。


これからも頑張って書いて行くのでよろしくお願いします!


今日のメンテ楽しみだなー。(メンテ明け直前に書いてました。)

小説『Endless story』#3-2

 #3-2【キィーンキンキンキンキンキーン

続きを読む

私のトモダチ達 1章 誘い 5

「話って何?フナさん…」「リアがアークスになった理由って覚えてるよね?」「忘れるわけない!復讐だよ…」「ファルス・アンゲル、2年前に市街地を襲撃したダークファルス、その被害者の一人がリア…」「あまり思い出したくないけど…私が12の頃…」


2年前


「リア!行ってくるからね」「お母さんいってらっしゃい!」


その日に私は大切な人を失った…。でもあの人は本当の母親ではない。私の本当の母親はアークスで…ある任務で命を落とした。母親が私を預けたのは信頼出来る友人だった。その友人が2年前に…。


普段見ていた景色が全て壊れて、あちこちで助けを求める声、悲鳴、建物が崩れる音で耳を塞ぎたくなった。そして地上では黒いダーカーが人を殺していた。お母さんは血だらけで倒れていて…言葉を聞くことも出来なかった…。その時に…金色の羽を羽ばたかせ、どこかに消えていくダーカーを見た。その手に持っているタリスは血で濡れていた。「何よあれ…」私が言葉を言い終えた後に、背後に何かがいた気配がした。「?」私が振り向いた時、金、赤、黒と色々な色が混ざったダーカーがそこにはいた。背中に魔法陣みたいな物を展開し、二つ生えた羽で空で浮遊する。そして…黒く輝く鎌を私に振り上げ、私は訳が分からないまま血を散らしながら飛んでいた。動けない私に少しずつ近寄るダーカーはまるで死神のようだった。


その死神を一束の光が撃ち抜いていた。両手銃を持った少女、彼女がフナだった。


現在


「結局、本当の母親が死んでいた事を知ったのもアークスになってから…」「うん…」「何よ…私に何が言わせたいのよ?」「リア、ごめんなさい…」「え?」「リアに当たっちゃったから…先輩失格かな…これじぁ…」リアが一つ深呼吸する。「そんなことないって…それよりフナさんは麻衣がダークファルスだったらどうするの?」さっきはイラついてリアに当たってしまった。今なら答えられると思う。「さっきは取り乱した…今答えるとするとね…やっぱり撃てないと思うの」「…」「理由はね…ある人に似ているから…マトイっていう人で…彼女と麻衣が重なっちゃうんだ…」「マトイさんか…今は別のシップでしょ?」「うん…昔ね、彼女が深遠なる闇になった事件があったの…彼女が殺してと言われても…私は彼女を殺せなかった…大切だったんだ…彼女はね」「…そんなことが…」「つまらない話だったよね…」「あの…フナさん…」「?」「唐突な話なのは分かってます…ても…」普段より緊張しているのか声がうわずっている。重要な話だということは察した。「ファルス・アンゲルを倒しませんか?」


 


「ふふ…初めてアークスを殺した感触は?」体のあちこちに浴びた血。まだそれは生暖かい。目の前で動かない人。罪悪感、吐き気が全身を包む。「…うぷっ…うぇぇ…」耐えられずに吐いた。吐いてもまだ足りない…。なにかで償いをしないと…そう思う。「麻衣ちゃん、最初はこんなものよ…徐々に慣れるからね…」「生きるためなの…殺して…ごめんなさい…ごめんなさい…」


続く…


 


かなコメント!


今回で1章は終わりにするつもりです。


次回から2章になるかな?


今回はちょっと長めにしてみました。どうだったかな?


でわでわまた今後!


 


ゆるゆる劇場


麻衣「人の肉って美味しいと思う?」


ハル「さっき食ってただろ?うまいのか?」


リア「人喰いとか!おまわりさんーおまわりさんー!」


麻衣「あまり美味しくないと思う…」


リア「なら食うなー!!」


 


 

私のトモダチ達 1章 誘い 4

「麻衣がいない…?」ナナから聞かされた麻衣の失踪。リアが市街地に行く時に彼女を置いてきてしまったとも言っていた。ナナが数分麻衣から目を離していた。無理もない…私はダークファルスと戦闘していたから…。私は誰も責めるつもりはない。ただ気になるのは…麻衣はダークファルスなのか?ということ。


 


アークスロビーに移動した。ナナから話があるらしい。「あ…フナさん…」「何?」「私…麻衣がスパイだと思うの…」「リア!」リアの言うことは分かる…でも…。「フナさんは優し過ぎるんだよ…」「…」優し過ぎる…昔、色々な人に言われた言葉だ。深遠なる闇になりかけたある人を助けようとした時にも…。でも私は信じていたはずだ。麻衣が私達と笑って話せる友達だと。「フナさん!しっかりしてよ!」「うん…分かっているの…私もね、麻衣はダークファルスではない…それは分からないけど…でも私はまだ信じてるの!」「じゃあ…もし麻衣がダークファルスならどうするのよ!」「そんなこと考えない!信じてるから!なんでそんな言い方するの?」リアが一歩後ろに下がる。顔は下を向いていて今にも泣き出しそうだった。言い過ぎた…リアは仲間なのに…。「喧嘩はよくないですよ!二人とも!」「ナナ?」「新しい情報がありますよ」「情報…」多分麻衣に関わる情報だろう…。さっきまで泣きそうだったリアもナナの話に耳を傾けていた。「ダークファルスがもう一体いたそうです」「え?」「ファルス・アンゲルですね…」「ファルス・アンゲル…?嘘…」「リアさん?」「ごめんね…ナナ…一回リアと話がしたいの…いい?」「大丈夫ですよ」リアの肩を叩いてそっと話しかけた。ファルス・アンゲルはリアの過去に関わっている。仲直りも含めて一度話したかった。「リア、そこのソファで話をしよう」「はい…」


 


「私にとっての友達ってなんだろう…」「ダーカーや私達は違うの?麻衣ちゃん」「ごめんね…まだ決まらないの…」「時間を掛ければいいよ…ゆっくり考えてね…」今、私は確かにダーカー側にいる。アークスと戦う…私にはそれが出来るのだろうか?


 


かなコメント!


水曜日から1日明けて今これを書いています。なに?どうでもいい?


最近思ったんですがsgを何に使うか迷っています。トリガーは…あれだしスクラッチも…ということでsgが腐ってます。


でわでわー!


ゆるゆる劇場


麻衣「筆者さんってダークヒーローが好きらしいね」


筆者「まあね」


麻衣「どこらへんが好き?」


筆者「普通じゃないし…暗い話にしやすいからかな?」


麻衣「ふむふむ…って私これからどうなるのよ!?」


筆者「それはお楽しみ〜」


 


 


 


 

小説『Endless story』#3-1

 #3-1【嘘を吐いて、このまま騙していてね

続きを読む

小説『Endless story』再開のお知らせ

今回の更新を担当するViridisです。

 

この度、PCが復帰したため8/17から『Endless story』本編の更新を再開します。

 

読者の皆様には、長らく待たせてしまったことを深くお詫び申し上げます。

これからもよろしくお願いします。

 

私のトモダチ達 1章 誘い 3

金色の鎧を纏い、6枚の羽根を羽ばたかせるダーカー…。顔は仮面のように覆われ、顔のような頭部からは四つの複眼全てが私を見ていた。


「だれなの?」「お嬢さん、僕はダーカー側になることを提案するよ?」ダーカーなのに喋っている…。ダークファルスという存在を思い出す。もしかしたら…。「ルーサー、麻衣ちゃんが決めることなのよ?」「レイか…君はもう少し彼女上手く誘導出来ないものかな?」「双子に食われて量産された奴には言われたくないね…あんたが活躍出来るのも[深遠なる闇]のおかげなのよ?」ルーサーとレイはあまり仲が良くないみたいだ。「レイちゃん」「何?」「もし…ダーカー側にならなかったら?」「…麻衣ちゃんは私達の敵になるかな?」「つまり…戦うことになる?」「うん…」つまり私は


ダーカー側になってもアークスと戦う。


アークス側になってもダーカーと戦う。


どちらを選んでもトモダチと戦うことになる。だけど…私は決めないといけないんだ。「決めたかな?お嬢さん?」ルーサーが急かす。でも…決めるなら早めがいいはず。先に会ったのはレイだ。それにレイには影で支えてもらったんだ。だから私はレイの手を握った。「決まったんだね…麻衣ちゃん」「うん…レイちゃん…」「レイちゃんと一緒に行くよ…」


実は心の底ではまだ迷っていた…。そしてこの選択で後悔することがないようにと祈り続けていた。


その頃フナ達は…


ディーオ・ヒューナルが力を集め始める。「リア!ディーオ・ヒューナルを!」ディーオにウィークバレットを貼り、すぐに銃を撃つ。1、2発では怯みもしない。「あ…」ディーオ・ヒューナルに集中し過ぎた。ファルス・ヒューナルの巨大な剣に体を斬られ、その衝撃で吹き飛ぶ体。「リア!」その後だった。ディーオ・ヒューナルが溜めた力を放つ。その光がフナを包む。私はフナさんから目を逸らしていた。光が炸裂した後に…フナは立っていた。彼女の横にはフォトンブラストを発動したのか要塞の姿をした幻獣がいた。


続く…


 


今回はコメント&劇場はお休みです。


 

私のトモダチ達 1章 誘い 2

私にはまだ決められない。それは私に響き渡る声の正体が…。


東京…フナが麻衣と接触する前…。


「麻衣ちゃん…無視しないでよ…」


今まで頭痛と共に聞こえていた声。私はその時、私は始めてその声に答えた。「あなたは誰?」その後私の前にフォトンが集まり、人の形になる。人の姿をしたフォトン(?)。髪の毛、目、手、足、等人と変わらない姿をしていた。桃色の髪、黄色の目、そして私より小さな体、神秘的で、可愛らしい。でも彼女はフォトンだ。


「私は…レイ…麻衣ちゃんと友達になりたいの…」「レイちゃん」「実は麻衣ちゃんがダーカーを操れるのも、全部私が手助けをしてたのよ」レイの言うことには妙に信憑性があった。その言葉を全て信用するのに時間は掛からなかった。「私の夢を知っている?レイちゃんは」「うん…だから私が夢に協力しているのよ?」


それから…レイにアークスについて聞かされた。


私のトモダチであるダーカーを殺し、私の夢を壊そうとしている者達。でも…フナさんやリア、ナナさんを見ていたらそんなことは考えられなかった。


レイは嘘を吐いた…。


そう考えている。私を何処かに誘導している気がする。「麻衣さん!」ナナさんからの無線だ。「はい…麻衣です」「疲れているみたいですね…」「まあね…」「今回の襲撃…かなり大規模です…無理に出撃しなくてもいいですよ」「でも…戦うよ」「そうですか…ご武運を…」


目的地に行く前に情報を確認する。


フナさんが戦っている敵の内、片方は普段見かけないダーカーらしい。そして、その目撃情報の少なさから新種扱いされたとか…。


ディーオ・ヒューナルにファルス・ヒューナルが同時に現れたとか。どちらも強敵らしい…。


「麻衣ちゃん、何をするか分かっているはずよね?」


「…」


「おやおや?ダークファルスもどきじゃないか?」


「え?」


私に声を掛けたのは…。


続く…


かなコメント!


以前新DFを登場させるとか言った記憶がありますが新DFは追加しないことにしました。没DF [憤怒]フューリーと[幻影]ファントムとその眷属達。


筆者の気分ですがゆるゆる劇場に登場するかも?


ゆるゆる劇場


レイ「ゆるゆる劇場初登場だよ!よろしくね!ほらほら君も?」


ハル「なんだ…ここは?」


麻衣「ハルさんって今のところただ一人の男キャラだよね?」


ハル「まあな…筆者の自キャラ全員女の子だからな…」


ナナ「私…新キャラで作る予定ないんですか?筆者」


筆者「ないな…」


麻衣「ドンマイ☆」


ナナ「私…怒らせると怖いですよ?」


 


 


 

終わりなき破壊 ~RE/START~ 1-2


もう1人にも紹介したいからと、一室に向かってる途中で軽く自己紹介をしてくれた。

深紅のパーツで構成されたキャスト少女、アルムアルクス。
愛用の双機銃で敵の気を引き、シフトピリオドで一掃する。

自称大魔法使いのデューマン少・・・もとい、女性のアムドゥウス。
可愛いもの好きで、今も俺の背中に張り付いて離さないが、戦闘時はあらゆるテクニックで敵を滅ぼすというが・・・にわかに信じられない。

彼女たちは、前は別のチームに所属していたが、さらなる高みを目指すために独立したという。

「そういえばさ、カムラちゃんってなんで傷跡がないのに眼帯つけてるの?」

首にまわされた手でツンツンと眼帯を触られ、俺は「絶対聞かれると思った・・・」と軽く呟いた。まぁ、いずれわかることだが、言いにくそうに答えた。

「別に大した理由はない。ただ・・・目の色が左右違うんだ」

昔は、これが原因で中二病やらバケモノ扱いされたことが多かったが、アムドゥウスさんは、背中から離れ正面に立ち、俺の手を取って目を輝かせてた。

「うそっ!? カムラちゃんもデューマンだったのね。私とお揃いだ~」

どうやら、デューマンとやらの特徴の一つであるらしく、ほかにも角が生えていたりすることもある。
余談だが、アムドゥウスさんの場合は、赤色の目で統一させているようだ。

そんなこんなで話していると、部屋に着いたようだ。


____________

(物語の休憩室)

アルムアルクス「台詞1つもなかった・・・」

カムラ「なら、ここで喋れば解決だな」

アムドゥウス「そうそう。なにか話したら?」

アルムアルクス「・・・」

アムドゥウス「どうしたの?」

アルムアルクス「いえ、急に言われても話すこと出てこないですね」

カムラ「まぁ、そうだろうな」

私のトモダチ達 1章 誘い

ダークファルスの襲撃。それはいつも唐突だった。今回も…。


「ダークファルスですか?」「うん…多分ね‥私の近くにいる」「フナさんあの子達はどうします?」「大丈夫…ナナからは一応連絡を入れてね」「はい、ダークファルスと戦うんですか?」「その予定かな?」「無茶ですよ!」「相手を見るだけ…」


この辺りに大きなダーカー反応。間違いない…ダークファルスは近くにいる。


「麻衣!」「分かってる!」黒い巨体は空を舞いながら地面に降り立つ。その巨体はロビーを小さく振動させた。「ダーク・ビブラスか」カブトムシのような力強い角。巨大な二つの腕。空を華麗に舞うことの出来る羽根。「いきなり強力なダーカーが…」「リア…戦うんでしょ」私は武器を構える。リアも同じように…。


ダーク・ビブラスが私達を威嚇する。「光属性のテクニック…ビブラスには効いたはず!」リアは遠距離から攻撃するようだ。なら私が。「私がビブラスを引きつけるから」刀を構えながら地面を蹴って、ビブラスに接近する。「グレンテッセン!」ビブラスの角に当たる。その瞬間にビブラスが怯む。「イル・グランツ」リアの持つロッドから放たれる光の束。その全てがビブラスに命中する。ビブラスの体が光に包まれ、その場で動きが止まる。武器を刀から弓へ持ち変えて、ビブラスへ矢を放つ。光り輝く矢がビブラスの頭に刺さる。あとはあの技を放てばいい。集中力…それが重要になる技だ。何秒間か集中する…。そして…矢を放つ。「ラストネメシス!」私の声と共に放たれた矢。空気を引き裂く音を鳴らして飛ぶその矢はビブラスの角の根元に当たる。その後、輝く矢が爆発する。その後ダーク・ビブラスは地面へ倒れる。


「やったよ!麻衣!」「うん!」ロビーに倒れる黒い巨体。それは強力なダーカーであり、それを倒したのは私達なのだ。…でもどこか罪悪感が残る。以前の私はダーカーを可愛がり、愛していたはずだ。「何ボケってしているの?」「考え事よ、それよりフナさん居なかったね」「?フナさんはどこに居るのかな?」


「麻衣さん!リアさん!」


ナナからの無線。相当慌てているようだ。「ナナさん?」リアも事か重大だと思っているようだ。ナナさんが慌てる事態が起きているのだから。「フナさんが…ダーク・ファルスと交戦中です」「ダーク・ファルス…急がなきゃ」リアがキャンプシップへ向かって走っていく。全力で走ったからかもう姿が見えなくなる。あんなに慌てるリア…。「麻衣さんも急いでください!」


ダーク・ファルス…。ふと、あることを思い出す。


そう…私には決めるべき答えがある。


「麻衣ちゃん?あなたはダーカー側でしょ?」


脳裏に響く声。


「麻衣ちゃん、フナとリアを殺すんだよ?彼女達を殺せばアークスの戦力は落ちるから」


「ダーク・ビブラス…」聞こえる声を無視してビブラスを食べる。角を折って柔らかい角の根元から…。


「食べれば食べたダーカーを召還出来る。何をするつもりなの?麻衣ちゃん」


向こうから聞こえる声。その声全てを無視して私はキャンプシップへと歩き始めた。


 


続く…


 


かなコメント


物語が破綻して来てるよぉ。ブロット固めなかったせいだな!


月、火曜日に書く予定だったけどサボりました。ハイ。


でわでわー


 


ゆるゆる劇場


麻衣「夏と言えば?」


リア「スイカ!」


フナ「かき氷かな?」


麻衣「海は!?」


フナ「緊急のビーチウォーズってよく水着忘れるけど…」


麻衣「フナさんが忘れやすいだけよ」


 


 

終わりなき破壊 ~RE/START~ 1-1


まもなくアークスシップ。まもなくアークスシップに到着いたします。

「う・・・いつの間にか寝てたのか」

アナウンスに起こされ少し伸びをすると、目の前に緑の服を着た男性がこちらに近づいてきた。
そしてカバンから小さな箱を取り出し、「これを渡しておこう」と手渡された。
箱には、エスタロンモカと書かれていた。 カフェイン配合?

「仕事中の眠気にはエスタロンモカがオススメ!! 見たところ新人のようだな。無理せずにアークスライフを送ってくれ」

そのまま、男性はアークスシップ行きのゲートに入っていった。

このゲートを通ると、いよいよ俺もアークスか。


*******


ゲートを抜けた先には、たくさんのアークスで賑わっていた。
装備を披露してる者や寝転がっている者・・・。

「俺、ここでやっていけるのかにゃっ⁉」

「にゃっ⁉って言った~。可愛い~。なでなでしてあげる~」

突然後ろから抱きしめられ変な語尾になり、可愛い扱いされ・・・ってか子ども扱いしやがるし。

「・・・アムさん。初対面の方に失礼ですよ。貴方が、火綿カムラさんですか?」

「えぇー、可愛いからいいじゃ~ん。アルのケチ‼」

背中に感じるボヨヨンな感触を意識しないようにしながら、俺は返答した。




________________

(物語の休憩室)

アムドゥウス「やっと私たち登場した~。カムラちゃんを抱きしめられたし幸せ~」

カムラ「おい、抱きしめる時にある一部が背中に当たってるのに気づいてんのか・・・」

アムドゥウス「当たってるって何が~?」

カムラ「それは・・・女性特有のふくらみっていうか、なんていうか・・・」

アムドゥウス「もっかい抱きしめちゃえ~」

カムラ「いい加減にしろぉぉぉぉぉ‼」

私のトモダチ達 9

リアに連れられてやってきたのはフランカカフェだ。今は夏バージョンということで店内が変わっているらしい。カフェに向かって歩いている所でリアがそう言っていた。


ショップエリアからフランカカフェへ移動する…。


「わあ!」私の目の前に広がるのは木製の茶色い椅子、テーブルが並ぶカフェだった。そしてカフェから見える海岸、眩しい海岸の光は少し離れたカフェを明るく照らしていた。「あ、麻衣、ドリンク買ってくるから待っててね!」リアがいきなりそう言い、ドリンクを買いに行く。「あら!リアちゃんの知り合い?」私に話しかけて来たのは黒髪の女性。服を見ると料理人のようだ。ここの店員なのだろうか?「あなたは…?」「私はフランカ!突然だけど、私の料理食べてみない?」「あ…いまメセタがなくて…」「無料にしてあげるわ!」「じゃあ…お願いします」「じゃあメニューは?」フランカさんに渡されたメニュー表に目を通す。多いのは肉料理だ。東京風ハンバーグ、私はこれが一番気になった。「えーと…東京風ハンバーグで」「はい!ちょっと待っててね!」フランカさんは厨房へと消えていった。本当に一瞬だった。はぁ…とため息をついた。数分後…リアが戻ってきた。「あれ?麻衣、なにかあった?」「うん…フランカっていう人が無料で料理作ってくれるってさ」「よかったじゃない!」「でも唐突で…」「まあまあ…ドリンクでも飲みなさいな」リアは両手に持っているドリンクのうち、片方を私にくれた。赤い液体の飲み物。ケースにはシフタドリンクEXと書かれていた。「シフタドリンク?」「うん、美味しいよ」試しに飲んでみる。何かのつぶつぶが入っている。味は苺味。そしてつぶつぶだが何かの牙か爪を潰している気がした。食べられなくはないし美味しいのだが。「美味しい?」「うん!でもリア…このつぶつぶは何?」「つぶつぶ…?なんだろう、考えたことなかった」ドリンクを飲んでいるとフランカさんがまた現れた。彼女は料理を両手に持っていた。私の頼んだ料理だと思う。「お待たせ!東京風ハンバーグよ!」見た目はハンバーグ、ツヤのあるソースがかかっていて匂いもいい。食べてみる。ソースは美味しい、ハンバーグ自体も美味しい。でもその肉は今まで食べたことのない味と食感だった。とそして肉が少し青いような気がした…。


「ごちそうさまでした!」お腹も一杯だ。これから何をするか考えている時にリアが話して来た。「フナさんがゲートエリアで待っているってさ」フナ、私をアークスへと誘ったあの人だ。「うん」


その瞬間、アークスシップが揺れた。


「え?」私とリア。二人ともそれに驚いている頃には地面には立っていなかった。揺れで空中へ浮く体。次に衝撃と痛みが体を包む。何が起きたか理解も出来ず…私は気を失った。


白い世界、そこには二人の人間がいた。


「始まったね…麻衣ちゃん?…新しいオトモダチが来るよ?」


「⚪︎⚪︎…何かが起きるの?」


「そのままよ…新しいオトモダチが…」


⚪︎⚪︎の声を聞き取れない。白だった視界が様々な色に染まる。


 


「麻衣!よかった!」「何かが起きたの?」「ダーカーがこのアークスシップを襲撃して…」リアの話が終わる前に敵が現れた。ゲートエリアに赤黒い光と共に…。


 


序章 END


 


かなコメント!


この[私のトモダチ達]もまあまあ続けて来ましたが序章が終わりました。


次回からは1章だねぇ 


そしてちゃんと書けていたか不安になる私っ!


大丈夫だよね?みんな?


 


ゆるゆる劇場


筆者「前回の答え!ガンスト3というシューティングゲームでした」


麻衣「筆者は雑魚エイムで苦労しているらしいよ」


リア「あとあのゲームは対人戦だから筆者はかなりの戦犯よ!」


筆者「はい…雑魚だけど頑張ってます(泣き


筆者「ちなみに使っているキャラはクシー、セイラ、レミーです」


リア「チーム内にやっている人いるといいわね」


筆者「もしやっている方でアドバイス貰えるなら是非是非お願いします!」


でわでわー

終わりなき破壊 ~RE/START~ プロローグ

俺がまだアークスになる前に、1度だけダーカーに襲われたことがあった。
ただただ逃げることしかできなかった俺だが、ついに袋小路に追い詰められてしまった。
振り上げられる鎌。その鎌を見ないように目を伏せ、死を覚悟した。

・・・あれ?生きてるんか、俺は。
振り上げられた鎌は、俺とダーカーの間に入った少女の武器によって止められていた。

「目を逸らすな!! それでもアークスか!!」

これが、少女ルーシアとの最初の出会いだった。



ーーーーーーーーーーーーーー

はい。1か月ぶりの更新ですね。
基本的には、終わりなき破壊 ~repeat~ のカムラ君Sideです。

えっ、カムラって誰? カスラのこと? っていう方は、小説読んでいけばわかります。

また、せかほメンバーをエクストラとして登場させる予定ですので、出たい方はPSO2内かTwitterにお願いいたします。(表現上手くできるかは不明)

私のトモダチ達 8

その黒いダーカーは私より遥かに大きかった。


 


「ダーク・ラグネか…」「麻衣さんが呼び出したのでしょうか?」ナナの顔が険しくなる。「多分ね…」「麻衣さんはダークファルスなのでしょうか?」「どうだろう…」確かに彼女はダークファルスかもしれない。でも彼女はアークスを襲わなかった。私の予想はアークスでもあるがダークファルスの力を持つ。とりあえず予想をナナに言う。「予想だけど彼女はダーカーの力を持ち、ダークファルスではない…でも彼女の力にも何か理由がある」「ですよね…あとハルさんにも注意が必要です…」「うん…私達の周りを調べてるみたいだしね…」


 


ダーク・ラグネとヴォル・ドラゴンが衝突する。ヴォル・ドラゴンの炎を受けながら突撃し、鎌で引き裂く。オレンジ色の角が折れる。そしてヴォル・ドラゴンが怯む。その隙に…


カザンナデシコ!」


フォトンで作られた巨大な剣はヴォル・ドラゴンを真っ二つに斬り裂いた。頭から尻尾まで二つになった体は地面に音を立てて衝突した。VR空間だからか血、臓器は飛び散っていなかった。


「VR空間での訓練は以上です、お疲れ様でした」


エリアに響くナナの声。直後に謎の装置が現れる。半透明のフォトンが地面から現れ、一定の高度になると消滅。その動作は噴水に近い。半透明のフォトンに触れてみる。すると場所はVR空間ではなくまた別の場所だった。装備の調整を行った準備エリアだ。紫色の光を見ると訓練が終わったんだな、と実感する。無線が入る。「麻衣ちゃん!」「リア?」「訓練どうだった?私は任務があって見れなかったけど」「ヴォル・ドラゴンだっけ?金色のドラゴンと戦った」「えっ!?」リアはかなり驚いている様子だ。「ちょっと!いきなり大物じゃない!多分バーン・ドラールよ!麻衣ちゃんが戦ったのは」「私は強いの?」「まあかなりね…それよりフランカカフェで話をしない?」「うん!いいよ!」


続く…


 


かなコメント


何?遅い?それは私も思っていたっ!


最近はあ、書かなきゃ…と思ってたら明日でいいやと思い、その無限ループなの


許してね


大体キャラ毎の武器が決まってきた感じ。


大体がゲーム内の装備が影響してくるけどね


でわでわー


 


ゆるゆる劇場


麻衣「今日からゆるゆる劇場は小説を書き終わった筆者の言葉を私達が紹介していくよ!!」


リア「じぁ筆者さんどうぞ!」


筆者「最近は別ゲーやってみてます!対人ゲームで難しいね…シューティングでゲーセンにあるやつ」


麻衣「うん!小説と関係なし!みんなも暇だったら予想してみてね!」


リア「次回の小説で答えを言うよ!みんな楽しみにしててね!」


 


 

小説「君が紡ぐ、物語。」 プロローグ

――なんでこんなことになってるんだっけ。

 目の前で起きている出来事がカオスすぎてそう思ってしまう。まず正面には全身緑色の服装で固めた男性が座ってニコニコしている。その周りで数人が室内なのにもかかわらず水着姿で踊り狂い、黒と白のカラーリングのキャストがひたすたらピョンピョン^していて、さらには裸にふんどし1丁の大男がセクシーポーズを披露している。何だこれ。思わず俯いてしまう。

 

「あの……大丈夫ですか?」

 

そう言われて我に返る。少しの間だが意識がぶっ飛んでいたらしい。

 顔を上げると、正面に座っている男性が心配そうに私を見ていた。

 

「あ、大丈夫、大丈夫です、はい」

 

出会ったばかりの人に心配されていると気付き、慌てて答える。

 

「ならチームの説明を続けますね」

 

そう言って再びチームの特徴や機能などを説明し始める――チーム『世界群歩行者達』のマスター塊素を見つめながら私がどこにいるのか、ようやく思い出した。

 

私――有栖李子は……PSO2の世界に迷い込んだんだ。

 

次回「1.もう一つの現実」

 

 

どうも、アリシアです!

ついに私も小説を書き始めちゃいました!

拙い文章力で精一杯書いていきますので応援よろしくお願いします!

なお、更新日は毎週金曜日にできたらいいなと考えております!

私のトモダチ達 7

私の前には金色の巨竜が一体。パーン・ドラール、ヴォルドラゴンの希少種であり、通常よりも危険な個体だ。特徴的なのは金色の体、ヴォルドラゴンよりも明るい色の角に背中の突起。バーン・ドラールはヴォルドラゴンよりも気性が荒く油断は出来ない。ここが仮想空間だとしてもその脅威はなんら変わらない。私が刀を構えると相手も咆哮して威嚇する。周りの空気が振動し、私の髪もゆらゆらと靡く。その後に相手の火球、体がチリチリと音を鳴らし、額からは汗が止まらない。それは1〜2秒の出来事。その火球は私を…。


フナさん、パーン・ドラールでよかったんですか?


二人の少女が麻衣の戦闘を見ながら話す。「彼女はとてつもないポテンシャルを秘めている」「ですが…」機械のような服に身を包むナナ、首回りと背中を露出させ、黒と白のカラーリングの機械的な服。下半身はスカートのように足を取り囲む白い棒状の物。そこから見えるのは彼女の真っ白な太腿だ。彼女の太腿は対して太くはない。麻衣の2分の1くらいだ。「フナさん、モニター見てます?」「ええ」面倒なことに巻き込まれたくないから吐いた嘘、仕方なかったし嘘を吐かないアークスはいないんだ!「フナさん?見てないですよね?」「はいはい…あ」モニターに映るのは火球に被弾する麻衣だった「火球…なんで避けてないのかな?」


 


服が燃えている…私は火球に当たった。避けられなかった、体が動かなかったんだ。仮想空間でも体は燃えているし、痛みもある。そしてバーン・ドラールが地面に潜る。そして振動と共に再び現れる。金色とは違い、暗いオレンジ色をしている。体が全体的にゴツくなり角の形状も変化していた。そしてバーン・ドラールは私に語りかけていた。「グォォォォ!憎きダーカーの少女!!貴様は殺す殺す殺す!!」頭の中に響くような声。その声は怒り狂ったように感情的で、どこか悲しさもあった。しかし彼は敵。仮想空間だとしても私は彼に勝つ。そして私は全力でバーン・ドラールを迎え撃つ。「…龍族さん?そろそろ全力で行くからね?」


その言葉の後、強力なダーカー反応と共にダーカーが現れた。


そしてそのダーカーは…。


 


続く…


かなコメント!


ナナのイメージが固まったのでその辺りの描写をしてみました。


キャストで薄い紫色の髪ですねー。キャラ増やすならナナを作りたいかな?


オリキャラはまだまだ登場するし楽しみにしてね!ではではー!


 


???劇場


麻衣「筆者がまた劇場の名前忘れてるわよ!」


筆者「ラッピー頭でして…」


ナナ「ディアボイグリシス頭では?」


筆者「長い…そういやディアボイグリシスって覚えるの大変じゃない?」


麻衣「かもね」


筆者「俺は覚えたよ?このディアボイグリシスもwiki見て確認してないからな?」


麻衣&ナナ「………」

小説『Endless story』休載のお知らせ

今回の更新を担当するViridisです。

 

この度、PCの故障により二次創作小説『Endless story』をしばらく休載させていただきます。

更新を心待にしている皆様には、多大なご迷惑をお掛けしますことを心より申し訳なく思います。

 

更新再開の目処が立ち次第、筆者のTwitterとこちらのチームブログでお知らせしますので、しばらくの間お待ちください。

 

小説『Endless story』幕間2

今回の更新を担当するViridisです。

二次創作小説『Endless story』を書かせていただいています。

続きを読む

私のトモダチ達 捕食者 4

「調査ご苦労…ナナ、さっそく報告してもらおうか…」私が話しているのは情報部のトップ、ハルさん…。東京で頻繁するフォトン隔離領域内でのダーカーの出現、東京には最近ダーカーが多く出現していて特定の地域へはダーカーが侵入出来ないようにフォトンの防壁を作っている。侵入出来ないはずなのに…。「特徴は?」「外見は普通のダーカーです、でも体にピンク色の花の形をした侵食核があり、体を構成するダーカー因子がフォトンに極めて近いものでした」「ほう…」「新たなダークファルスでしょうか?」「いや、双子に近いものだろう」「双子…ですか?」「ああ、ダーカーを喰らい、食べたダーカーを使役する…」「確かに…」「断言は出来ない、これからも調査を続けてくれ」「はい」


「報告ご苦労…それと君に一つ忠告を…新たなダーカーが見つかったそうだ」「新種!?」ハルの言葉に私は一瞬凍りつく。「調査隊からの報告だ、一応頭に入れておくといい」「はい、それでは失礼します」扉をゆっくりと閉めた。ここで私は一つ、深呼吸をした。麻衣の事は他のアークスにも、情報部にも見つかってはいけない。何故なら彼女は…。


 


「ここがアークスシップ!」「わあ!すごーい」一応麻衣は他のアークスに見られないように細工をした。厄介なのは情報部、やつらは麻衣の召還したダーカーの事を探っている。「ねえ?フナちゃん」「なに?」「お腹空いた…」「そう…」「ここはカフェとかないの?」「ない」「フナさん!嘘はいけないからっ!」私を怒鳴るのは金髪のツインテール少女。帽子を被り、後ろからはツインテールがひょこりと見えた。赤い瞳は私を見ていて、身だしなみは白いジャケットに制服っぽい服を着ていた。


「リア、またイメチェン?」「あ…はい」「フナちゃんの友達?」「なによ!この少女!」「任務でね…」「えー!?なんでフナさんと手を握ってるの!?」リアがうるさい。


「あの…さっきのカフェというのは?」「フランカ sカフェ、ちょっと前にオープンしたの!」「リア、今はのんびりしている暇はないの」「え?でもその少女…」麻衣が地面を見て、片手でお腹を触る。お腹からはグーと音がなる。「ほれ」リアが麻衣に何かを渡した。「なにこれ?」「カロリンメイトだよ」「カロリンメイト…地球に似た商品あったよ」「これはフランカさんに地球の商品を持ってこいといわれてさ」私が隣で頷きながら「それ渡してから一日後だね、カロリンメイトが出たの」「それ飲むの?」「栄養剤みたいなものよ、それがあれば生きられるよ」


麻衣がごくごく飲んで数秒後にはただの瓶に。「美味しい!」「えっ?それはっきり言ってゲ…もごもご」「はいはい!お食事中の人がいるからね!」「殺す気か?人見知り詐欺師!」「初対面の人と話すのが嫌なの」「都合のいい人見知りね」


私達が話している時、テレポーターからナナが出てきた。


ナナの様子がおかしいような気がした。


 


続く…


 


かなコメント!


ウィリさんの小説にフナ出てたね!ぴーす


二つとも話はバラバラだから安心してね。


そんな事よりこれ見ている人居るか毎回不安になる。


見ているよな…(震え声


 


ゆるゆる劇場


友達劇場があまりにもダサいので名前を変えてみました。


さて…どうでしょうか?


麻衣「カロリーメイト美味しいよ!」


リア「いいよね、地球人は…カロリンメイトは(自主規制)の味!」


フナ「リアはお下品ね…麻衣、あれは悪い見本よ」


麻衣「汚い女の子…ね」


リア「泣くよ?」


 

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed