エントリー

私のトモダチ達 4ー3

「リアさん!リアさん!」


ぼんやりとした視界の中、どこか聞き覚えのある声が聞こえてくる。


このやけに高い声というと……当てはまるのは一人だった。


「リアさん、大丈夫ですか?」


「うん……」


今更だが、私はベッドに寝ていることに気がつく。しかし、なんでベッドに寝ているのか私には分からなかった。


「ラフィア、私はなんで寝ているの?」


「もう、その話を今からするんです。リアさんは7時間前の緊急任務で戦闘不能になり、ここまで運ばれたようです」


「ああ……やっぱりそうだったのね」


「リアさんは新人なんですから『ゴルドラーダ』の相手は早すぎますよ」


「『ゴルドラーダ』……?」


大型の蟲型ダーカーの『ゴルドラーダ』は雑魚敵クラスでありながら、高い体力と攻撃力を兼ね備えており、足も早い。


さらにはアークスを捕食することで新たな力を身につけるという報告もある。熟練のアークスでさえも手を焼くダーカーなのだ。


「もう、無茶が過ぎます!フナさんが駆けつけていなかったらどうなっていたか……」


そうか……私はまたフナさんに助けられたのか。


今も、昔も変わずに。だからこそ、私はあそこでゴルドラーダと対峙したのだろう。


「でもあそこで『ゴルドラーダ』を野放しにしていたらーー」


ラフィアが私の手を優しく握りながら言葉を紡ぐ。


「焦らなくてもいいの、ね?」


その言葉は暑くなっていた私を我にかえらせた。その言葉はフナさんがいつも口にしていたから……。


 


 


「深遠なる闇が……?」


カフェの中、話し合う二人のアークス。


一人はフナ、もう一人はシェルネだった。


時間遡行が行われ、作り出されたこの『過去の世界』ではシェルネの存在も、全て忘れられている。そして何より驚いたのが……。


「私が見たのは透明になるダーカー。ダーカーの反応さえ綺麗に消えているの」


「そうか……やはりフナが言う通り、深遠なる闇の力は増しているんだよ」


深遠なる闇の復活……ナナが口にしたあの言葉が脳裏をよぎる。


「フナ、深遠なる闇が復活したとしたらーー」


数秒言葉に詰まった後、フナが口にする。


「負けるかもしれない」


正直、彼女の弱音は始めて聞いた。過去に『深遠なる闇』と戦った彼女が言うのだから説得力はある。


その言葉の重みにしばらく私は固まってしまった。そんな中、フナが一言切り出す。


「だからこそだよ、私達アークスは『深遠なる闇』には負けない。2年前と同じ、私達は戦わなきゃ。そうだよね?シェルネ」


こんな話の中でもフナは笑顔を作って私を見つめてくる。彼女を見ていたら、私も希望を持たなきゃと思ってきた。


「そうだな、フナ」


ゆるゆる劇場


麻衣「久しぶりのこのコーナー!!」


ラフィア「えーと、麻衣さんは本編出てましたっけ……」


麻衣「出てるわ、4ー1と4ー2を見ようよ!」


リア「4章は各キャラの回想をするらしいわよ」


麻衣「えっ…」


ラフィア「麻衣さん……ドンマイです」


麻衣「もしかして、私はもう出番無し!?」


リア「それはお楽しみよ」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを登録するにはログインしてください。

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed