エントリー

終わりなき破壊 ~RE/START~ 2-1


あの後、アムさん達が迎えに来た翌日。

海を眺めながら、俺は先日のことを思い返していた。

幼い頃に助けてくれ、そして森林のときにも助けてくれたルーシア。
その姿に憧れて、アークスになることを決意したが・・・。

『自分の身を護れない奴が、誰かを護れるアークスになるだと』
『これが最後の助け』

何度思い返しても、つらくなるばかりだった。

「あんまり気にしないほうがいいよ。だって、カムラちゃんはまだ入ったばかりじゃない。はい、手作りのクッキーあげる」

事情を知ったからなのか、珍しくアムさんが俺に抱きついてこないで横に並んで眺めてた。素直に受け取り一口食べたが、分量を間違えたのか甘すぎた。

「・・・料理下手なんですね」

「あ、愛情はしっかりあるもん!!」

なんか、こんなやり取りしてると気が楽になってくる。

「あっそうそう。リーダーが呼んでたよ。ロビーに来てほしいって」


********


ロビーに来たはいいが、誰がリーダーなのか分からないことに気がついたが、時はすでに遅し。
まぁ、向こうは知ってるみたいだし、待ってれば来るだろうと考えてたら、

「おっ、来た来た。きみがカムラ君? って、なにポカーンってしてるのさ」

何故か、ラッピー姿の人が来た・・・。
落ち着け。落ち着いて対処するんだ・・・。

「えっと・・・ラッピーがリーダーだなんて・・・珍しいですね」

「んなわけあるかい。まぁ、今はこのままでいいか。よし、武器は持ってるな。ちょっと、付き合ってもらうぞ」

********

そのころ、不安そうな顔でシャボン玉を吹いているアムに1人問いかけた。

「いいのですか? 別れの挨拶をしなくても」

「いいの。私は、カムラちゃんは戻ってくるって信じてるから」

そして、再びシャボン玉を吹いた。

「あの方を過大評価しすぎだと思うのですが?」

「そう言うアルだって、別れの挨拶してないじゃん」

「・・・私は、まだ正式な仲間と認めたわけでは・・・」


_____________

(物語の休憩室)
アル「またやらかしましたね・・・」

アム「ほんとにね~」

カムラ「ん?なにがだ?」

アル「作者のことだよ」

カムラ「あぁ、赤羽 空雨ってやつか」

空雨「呼んだ?」

アム「リーダーのことじゃないよ~」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを登録するにはログインしてください。

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed