エントリー

私のトモダチ達 4ー7


「フナさん、フナさん」


私の名前を何度も口ずさむダーカーの少女。彼女の姿を見る度にあの少女の記憶が蘇る。でも彼女は【深遠なる闇】に……。


「覚えたよ、フナさん!」


「うん、ところで君の名前は?」


「麻衣、麻衣って言うの!カタカナじゃないよ!漢字だからね」


「麻衣ってもしかして地球人?」


「違うよ、私は……あれ?私はどこから来たんだっけ」


彼女の発言に疑問を抱く。漢字は今のところ地球人の間でしか使われていない新しい文字だ。彼女は記憶を失った地球人ということか?しかし、それでは彼女の能力がおかしい。


ダーカーと対話する能力を地球人が持っているわけがない……


彼女はもしかしたら……


 


「フナさん!任務はどうですか?」


「東京エリアで謎の少女を保護したの。一旦帰還してもいい?」


「はい!了解しました!……ええと、その少女、ヒューマンに似てませんか?」


「言われてみれば……」


「とりあえず帰ってからゆっくり話をしましょうよ」


「うん」


やはり「彼女」はまだ生きているのだろうか。


あの時、宇宙に投げ出されたあの少女は

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを登録するにはログインしてください。

ユーティリティ

2019年08月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed