エントリー

私のトモダチ達 4ー5


惑星地球 その東京エリア。


日が沈み、夕暮れがビルを照らす中、フナは東京へと降り立っていた。


「どうしてシェルネがこの任務に?」


「この任務、ちょっと面白い人がいるから」


「面白い人……?」


シェルネがどうしてこんなことを言うのか疑問だ。


これはただの調査任務だ。そう、東京エリアで連絡が途絶えたアークスの捜索任務。それなのに『面白い人』というのは……。


そんなことを考えながら私達を歩みを進めた。


 


東京エリアの奥地。


それは空がダーカー因子の雲に覆われ、薄暗い都市に中をダーカーが闊歩する世界。その光景は「ダーカーの巣窟」を彷彿とさせる。


これまでの近代的な風景とは一変し、禍々しく、空気も重い。


「行方不明のアークスはこんな所まできているの?」


「反応が消えたのはこのエリアだよ、フナ」


調査隊の報告によれば、以前はこのエリアはなかったそうだ。それも、ダークファルスの出現でここまで変わってしまったという。


「奥に進もう」


私達が前に進もうとした時だった。


その黒い塊は突然現れた。


圧倒的な体重に、地面は悲鳴を上げ、小さな揺れを繰り返していた。


ダーク・ラグネ。


戦うのは一回目ではないが、この巨大な体は、いつ見ても慣れない。それに彼もかなりの実力者だ。


手にライフルを握り、ラグネに向けて構える。


「ダメだよ!ラグネ!」


ダーク・ラグネの前に突如現れた少女。


彼女の言葉を聞くと、ラグネは敵意を失ったように見えた。けれど私はライフルを彼女に向けた。新たなダークファルスかもしれないから。


「待ってください!私はアークスと話がしたいだけなんです!」


彼女の態度はダークファルスのようには見えなかった。でも何より驚いたのは、彼女があの『少女』に見えたことだ。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを登録するにはログインしてください。

ユーティリティ

2020年09月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed