PHANTASY STAR ONLINE 2(PSO2) Ship9:ハガル チーム 世界群歩行者達 公式
目次
 

チームルームの拠点資料

作成日:2015/01/27 作成者:塊素 更新日:2017/03/11 更新者:塊素

世界群歩行者達 チームルーム遷移履歴

 拠点の引越し先はチームサイト掲示板での投票によって決定します。

 その他の規約:チームルーム拠点はチームサイト掲示板での投票によって決定するを参照してください。

日付選択拠点名
投票結果
2017/06/10月面
宇宙:0 温泉:0 森林:- 海岸:0 砂漠:0 凍土:0 夜景:1 浮遊:- 和風:- 水上遺跡:0 パイオニア2:1 東京:0 戦艦:0 月面:3
2017/05/11森林
宇宙:0 温泉:0 森林:4 海岸:- 砂漠:0 凍土:0 夜景:0 浮遊:- 和風:- 水上遺跡:0 パイオニア2:0 東京:0 戦艦:0 月面:-
2017/04/13浮遊
宇宙:0 温泉:0 森林:1 海岸:- 砂漠:0 凍土:0 夜景:0 浮遊:3 和風:- 水上遺跡:0 パイオニア2:0 東京:- 戦艦:0 月面:-
2017/03/16和風
宇宙:0 温泉:0 森林:0 海岸:- 砂漠:0 凍土:0 夜景:0 浮遊:0 和風:4 水上遺跡:0 パイオニア2:2 東京:- 戦艦:0 月面:-
2017/02/12東京
宇宙:0 温泉:- 森林:2 海岸:- 砂漠:0 凍土:0 夜景:0 浮遊:0 和風:1 水上遺跡:0 パイオニア2:0 東京:2 戦艦:0 月面:-
森林:4 東京:4
森林:4 東京:6
2017/01/11月面
新規実装につき無投票決定
2017/01/04宇宙
宇宙:6 温泉:- 森林:0 海岸:- 砂漠:0 凍土:0 夜景:0 浮遊:0 和風:0 水上遺跡:0 パイオニア2:0 東京:0 戦艦:-
2016/12/07海岸
宇宙:0 温泉:- 森林:0 海岸:4 砂漠:0 凍土:0 夜景:1 浮遊:1 和風:- 水上遺跡:0 パイオニア2:0 東京:0 戦艦:-
2016/11/05温泉
宇宙:0 温泉:8 森林:0 海岸:0 砂漠:0 凍土:0 夜景:0 浮遊:0 和風:- 水上遺跡:- パイオニア2:0 東京:0 戦艦:-
2016/10/05戦艦
新規実装につき無投票決定
2016/09/19和風
宇宙:0 温泉:0 森林:2 海岸:- 砂漠:0 凍土:0 夜景:- 浮遊:2 和風:5 水上遺跡:- パイオニア2:0 東京:3
世界群歩行者達 チームルーム遷移履歴

チームルームの種類

宇宙空間(初期ルーム)

宇宙空間(初期ルーム)

 推しも推されもせぬ最初のチームルーム。チームルームの窓からはだだっ広い宇宙と共に飛んでいる宇宙船の群れが見える。

 移動できる場所はチームルームの中だけになるので最も手狭。

温泉拠点

温泉拠点

 たぶん惑星ナベリウスのどこかなのだろう、潤沢な湯があふれ出る拠点。どこにいても常に湯気のエフェクトがかかっているため、写真写りはあまりよくない。しかし風呂好きな日本人ならば大抵の人が気に入る場所だろう。

 男女別の脱衣所や砂風呂があり、割と楽しめるギミックがある。温泉の岩場には座れる場所もあり、足湯的な楽しみ方も出来ます。

森林拠点

森林拠点

 森の中の拠点。たぶんナベリウス。定期的にメセタやフォトンドロップが配置され水の流れる滑り台などのギミックがある。気分は簡単なアスレチック。ただし、走る速度が改善される前の状態に合わせて設計されているために足場間の距離が短く、足が速くなった今では気をつけて調整しないとうまくぴょんぴょんできなくなってしまっている。

 水場もあるため、みんなで水着姿ではしゃいだり出来ます。

海岸拠点

海岸拠点

 惑星ウォパルにある拠点。太陽が往来するために昼と夜がある。ベッドがあるコテージやビーチベッドやハンモックが配置され、気分はリゾートだ。空には白い鳥が飛び交い、遠くにはイルカのような魚類が飛び跳ねている。

 海には腰までしか浸かれないのが少々残念なところか。ちなみに、この拠点はシーの企画で建設された(クライアントオーダーで手伝わされた)。

砂漠拠点

砂漠拠点

 惑星リリーパにある拠点。渓谷の中にあり、ジャンプ台が存在するなど高低差がかなりある。崖にはリリーパ族の集落があって雰囲気はよさそうなのだが、リリーパ族のいるところまで行くことが出来ない残念仕様。

 カタパルト以外にこれといったギミックが無いため、あまり人気は無い。

凍土拠点

凍土拠点

 惑星ナベリウスの凍土にあるのだろう拠点。巨大なラッピーの雪像が目を引く。ラッピーの雪像の頭に上れたり手に座れたり滑り台があったり舞台みたいな場所があったりとイベント的な使い方が出来る。天候変化もあり雪が降ったりもする。

 ちなみに、常にちょっと暗いため、あまり写真写りはよくない。あと、中央ラッピーの手の先には座ることができます。

夜景拠点

夜景拠点

 アークスシップ内だと思われる、立ち並ぶビルの風景に花火が上がる拠点。五分に一回ぐらいの間隔で特殊な花火が上がる。プールがあったりするので高級ホテルでリゾートを楽しんでいるかのような気分を味わうことが出来る。

 特殊な花火については打ち上げられて消えた後に「ドーン」と大きい音がするのだが、これ何とかなりませんかね。できれば消える前に音がしてほしいのですが。

浮遊拠点

浮遊拠点

 惑星アムドゥスキアにあるだろう、2015/01/27 2015/12/23 現在、もっとも広い拠点。空の上の拠点なので相当な開放感がある。昼夜があり、夜は暗いが朝日の明るさはかなりのもの。

 今のところ、一番新人研修がしやすい。お立ち台があったり写真撮影がしやすかったり。

和風拠点

和風拠点

 惑星ハルコタンにあると思われる、常に桜が満開の拠点。こぎれいな庭園であり、茶室があったりおみくじが引ける神社があったりする。

 広々とした場所がないため新人研修がやりにくいのがネック。庭園を背景に研修をやってたり。

水上遺跡拠点

水上遺跡拠点

 惑星ウォパルにあると思われる、朽ちた高い搭がある拠点。塔の天辺から見る風景は絶景。また屋上から木の幹を滑り台代わりにして滑り降りる事ができる。

 これといったギミックはないが、少し苦労しないといけない場所があったりするので探検気分を味わうにはちょうどいいだろう。

パイオニア2(シティ)

パイオニア2(シティ)

 過去作品「ファンタシースターオンライン」に登場するエリアを模した拠点。過去作を知っている人からはかなり人気があるようだ。

 一番奥にある総督の部屋などは新人研修などで使うには雰囲気がよいが、カメラワークが悪いのでなかなかスクリーンショットが撮り辛かったり。

妖精の尻尾(ギルド)

妖精の尻尾(ギルド)

 週刊少年マガジンにて連載中の漫画、「フェアリーテール」コラボ拠点。拠点としては珍しい屋内型の拠点で、かなり広々としている。ギルド拠点を模しているだけに座る場所が多かったり壇があったりと団欒するのに向いていそうだ。

 2015年11月25日(水)定期メンテナンスまでの期間限定チームルームである。

東京拠点

東京拠点

 惑星「地球」の東京の一角を借りているような拠点。直接チームルームを乗り入れるわけではなく、ワープポータルを通して行くことが出来る。

 拠点としてはかなり広く、中央のオープンカフェのような公園では椅子に座ればテーブルに飲食物が用意されるなど、フランカ'sカフェと同じギミックがある。

 また、ビルの上を駆け抜けて拠点内に浮かぶ赤い風船を全て集めてタイムを競うタイムアタックミニゲームも用意されており、そこそこ楽しむことが出来そうだ。ビルから落ちたときの絶望感は一入(ひとしお)である。

 ただ、ビルが立ち並んでいるわりには人気がないので廃虚感が漂っており、ちょっと寂しい。

戦艦拠点

戦艦拠点

 チームルームシップに設置されたテレパイプから幻想戦艦・大和の甲板に行くことができる拠点。惑星は不明。地球のような気がするが、堂々と大和が回遊しているあたり、もしかすると仮想環境かもしれない。

 拠点としては広めであり、大和緊急では歩くことができない後部甲板へと移動することができたり、主砲にアクセスすることで艦砲射撃ができたりする。流石アークス、大和の主砲発射時に甲板にいてもなんともないぜ。

 また、艦橋まで梯子や副砲伝いに上ることができ、電探部分には座ることができたりする。マストまで張られたロープの上を歩くことができるなど、歩ける部分がかなり多い。

 景色としては遠くに灯台がある小島があり、イルカの群れが飛び跳ねているとかサマーラッピーが漂流していく姿が見れたりとなかなか面白い。かなりはしゃぎまわれるチームルーム拠点となっている。

月面拠点

月面拠点

 地球の衛星、月の地表に建設されている基地の拠点。重力が小さくふんわりとしたジャンプを行うことができる。いつもより高いところに飛べるため、新たな発見もあるだろう。

 東京と同じく風船を集めるタイムアタックミニゲームが存在し、一回クリアすると称号をもらうことができる。称号特典はこのチームルーム内に多数存在するウサギのマイルームグッズとなっている。

 あんまりこの部屋に入り浸りすぎると、他のエリアに移動したときに高く飛べなくて微妙な気持ちになったりするので注意が必要だ。

 ところで、基地に設置されているパラボラアンテナは一体何を受信するために設置されているのだろう。向き、間違ってない? あと、確かに月面って気体が一切ないわけではないらしいが、旗がはためいているのはちょっと……。アポロ11号の陰謀説のオマージュかな?

※アポロ11号の宇宙飛行士が月面に立てた星条旗は風がなくても面が見えるよう横棒に吊り下げられる構造になっていたため、はためいているのではなくぶら下がっているというのが正しい。